大学中退ブログ

社会不適合でもいいじゃない(∩´∀`)∩

大学から将棋を始めた結果...

f:id:kohokushogi:20181115170042p:plain

この記事を読んでほしい人

・大学の部活、サークルに悩んでいる人
・社会人だけど将棋を始めたいと思っている人
・インドア派で頭を使うのが好きな人

こんにちは、ゆーたです!

突然ですが、将棋をやったことありますか?

 

私は大学1年生の時、ルールしか知りませんでしたが「なんとなく」で将棋部に入りました。

藤井7段や羽生善治先生が有名になったとはいえ、若者の中ではまだまだマイナーな競技で情報がありません。

情報がないのに加えて、私は将棋になじみがなく初心者だったため不安でした。

どれくらいで強いくなるんだろう?
どういう人が向いているんだろう?


 のように感じていました。

大学で入る部活・サークルは人生を左右するといっても過言ではないですからね笑 

結果的にインドア派で負けず嫌いの私にはめちゃくちゃ合っていました。

 

将棋に関する情報はまだまだ少ないので、「向いている人」「どれくらいで強くなったか」などを解説したいと思います!

 

1.将棋に向いている人

f:id:kohokushogi:20181115200320p:plain

まず初めに、私が感じる将棋に向いている人を 解説します。

将棋は「1歩も動かなくても出来る」「競技中に話してはダメ」などの特徴があり、向いている人と向いていない人の差が激しいからです。

 

【将棋部に向いている人の特徴】

□体を使って遊ぶのが好きではない

・・・傾向として将棋をする人はスポーツ嫌いが多いため、室内で遊ぶことが大半でした。私はサッカーやバスケなどスポーツが苦手なのでぴったしでした。

 

□勝負好きで負けず嫌い

・・・将棋は芸術ではなく勝ち負けがはっきり出る「競技」です。そのため、写真や映画、演劇などには表れない勝ち負けが論理的にはっきりでます。勝ちにこだわる人が将棋に向いているといえるます。

 

□ボードゲームなど頭を使うのが好き

・・・ルールが違うだけで、麻雀や囲碁、トランプと「戦略的に勝つ」という点では変わりません。そのため、ボードゲームが好きな人にとっては将棋もハマる可能性が高いです。

 

□論理的に考えることが多い

・・・将棋はどの手が良かった悪かったかを論理的に説明する事が出来ます。「気合」や「根性論」ではなく、コツコツ試行錯誤ができる人は強くなりやすいタイプです。

 

□個人競技が好き

 ・・・将棋の良い点は個人プレーであるため、試合に出られないと言うことはありません。また、自分が練習すればするほど結果に出るので、個人競技の方が好きな人にとっては将棋は向いています。

 

 2.大学から将棋を始めたきっかけ

f:id:kohokushogi:20181115200824p:plain

私が将棋を始めたきっかけは、 特にないです...

 

最初は写真サークルや映画サークルなど、あまり動かなそうでのんびりしてそうなサークルに入ろうとしていましたが、逆に刺激がなさ過ぎて断念しました。

 

適度に刺激がありかつゆるいという矛盾している条件で再び探すことに。

そこで、たまたま将棋部のチラシを見て部室訪問をしたのがきっかけでした。

 

私はもともとボードゲームが好きで謎の自信がありましたが、上級生に惨敗しました。

そこから負けず嫌いの私は将棋にのめり込むようになったのでした。

 

また、入部するメリットは他にもいくつかありました。

・部室があるため、空きコマの暇がつぶせる

・テレビゲームや雀卓など、他のゲームがそろっていた

 

大学生活が堕落する条件が整っていましたね笑

 

3.部活内の順位や成長速度など

f:id:kohokushogi:20181115200951p:plain

3-1.大学1年生4月~10月

私は完全初心者として入部しました。

しかし私の他にも初心者は多くいたため、この時点で真ん中ぐらいの実力がありました笑

 

将棋部って特定の中学校や高校しかないので、そもそも経験者が少ないのです。

(私の中学・高校にもありませんでした)

 

意外でしたが将棋初心者は多めでした。

 

しかしそうは言っても、上級生や将棋経験者には全く歯が立ちませんでした。

4月5級→10月で2級

 

半年もやれば、けっこう伸びます。

 

3-2.大学1年10月~3月

他にすることがなかったので部活に行きまくり、電車に乗る時や講義の前のスキマ時間にも勉強していました。 

とりあえず中級者と言われる初段を目指すことに。

1級からの道のりは長かったですが、3月頃に初段になりました。

 

10月で2級 →3月で初段

 

 3-3.大学2年生

2年生になっても変わらず、将棋の勉強を続けました。

2年生の間は昇段しませんでしたが、弱い初段から強い初段になった気がします笑

初段から2段まで上がるのは時間がかかりましたね~


初段になるとある程度の人には勝てるようになってきます。

中学・高校からの経験者 は2~4段あるのでまだまだ勝てませんが...

 

弱い初段→強い初段へ

3-4大学3年生

新しく入ってきた後輩に 負けたくないと言う理由で、将棋の勉強をしっかりすることになりました。その甲斐あって、3年生の10月でアマチュア2段になりました。

※大学4年生で中退したため、大学4年時の計測はなしです。

 

強い初段→2段へ

 

まとめ

藤井7段や羽生善治先生のおかげで将棋ブームが来ています。

合う人には本当に面白いゲームなので、気になっている方はいかがでしょうか?

 

私の経験的に、将棋はいつから始めても遅くありません。 

 入る部活やサークルに悩んでいる大学生や趣味を探している社会人など、ぜひおススメです!