【必見】あなたはどれ?フリーター3つのタイプ

f:id:kohokushogi:20181219235815p:plain

この記事を読んでほしい人

・フリーター
・ニート
・労働社会学を勉強している人

こんにちは、ゆーたです!

私は大学生のとき、社会学部でフリーターについて勉強していました。

そして、今現役のフリーターなのである意味プロです。

 

そんな私がフリーターについて解説します!

実は学術的にフリーターは3種類に分けることができたのをご存知でしたか...?

 

 

フリーターについて

f:id:kohokushogi:20181209202545p:plain

フリーターは大きく3種類あるとされています。

・モラトリアム型
・夢追い型
・やむを得ず型

 

アルバイト求人サービス「an」によると、3種類の構成は以下の図のようになっています。

f:id:kohokushogi:20181228083533p:plain

参考:「フリーター」とは?データで見る3タイプの特徴と採用ポイント – アルバイト採用・育成に役立つ人材市場レポート「an report」

 

モラトリアム型(46.2%)
やむを得ず型(41.5%)
夢追求型(9.9%)

 

それでは順に見ていきましょう!

 

1.モラトリアム型

f:id:kohokushogi:20181217112359p:plain

モラトリアム型は、「フリーターとなった当初に明確な職業展望を持っていなかったもの」です。

特徴としては以下の項目が当てはまります。

・特にやりたいことがない
・一生懸命働きたくない

 

一般的なイメージのフリーターですね!

フリーターの中でもっとも多く、46.2%がモラトリアム型です。

ややこしいのですが、フリーターになる経緯の違いにより、モラトリアム型はさらに2つに分けることが出来ます。

f:id:kohokushogi:20181228193056j:image

(イメージ図)

 

離学モラトリアム型

 離学モラトリアム型は高校・大学を卒業or退学した後、将来の展望がなく、なんとなくフリーターになった人です。

 

まぁ、つまり、私ですね...w

就職活動をしてやりたいことが見つからなかった人、夢や目標がない人がなりやすいタイプと言えます。

ちなみに、芸能人で言うと杉村太蔵さんが離学モラトリアム型に近いです。

杉村さんは筑波大学を中退した後、派遣社員として清掃員の仕事をしていたそう。

 

参考:杉村太蔵 - Wikipedia

 

離職モラトリアム型

離職モラトリアム型は、正社員を離職した後、将来展望のないフリーターになった人を指します。

anの調査によると、離職モラトリアム型はフリーター全体の18.7%にも上り、3番目に多いタイプになっています。

たしかに、私の周りにいるフリーターにも前職は正社員だった人が数人いました。

パワハラや長時間労働などが原因で辞めた方が多かったですね。

 

2.夢追い型

f:id:kohokushogi:20181220003720j:plain

夢追い型はその名の通り、芸能関係の職業・職人などを志していて、一時的にフリーターになっている人のことを指します。

フリーター全体の9.9%と意外に少ない印象です。

フリーターとして働けば労働時間に柔軟性があるため、稽古や練習などに多くの時間がさけるようになります。

そのため、やりたいことに注力できるわけですね。

 

芸能人で言うと、堺雅人さんが当てはまります。

堺さんは役者を志し早稲田大学を中退。

その後、役者の活動と共にフリーターとして職を転々としたみたいです。

 

参考:堺雅人 - Wikipedia

 

3.やむを得ず型

f:id:kohokushogi:20181220005444p:plain

やむを得ず型は、労働市場の悪化や家庭内の事情などの理由でフリーターにならざるを得なかった人を指します。

例えば、バブル経済が崩壊後、企業が正社員の採用を抑制したため多くのフリーターが生まれました。

また、家族の病気や介護などを理由に正社員を諦めて、フリーターとして働いているケースもあります。

他のタイプと異なり、やむを得ず型の多くは正社員を志望しています。

 

まとめ

いかがでしたか?

フリーターと言っても、様々な理由でフリーターになる人がいます。

私のように自分からフリーターになる人もいれば、ならざるを得なかった人もいるわけですね。

「フリーター」で一括りにしないように注意が必要かもしれませんね。 

 

【参考記事】

「フリーター」とは?データで見る3タイプの特徴と採用ポイント – アルバイト採用・育成に役立つ人材市場レポート「an report」