大学中退ブログ

社会不適合でもいいじゃない(∩´∀`)∩

なぜニートに?なった理由別にニートを3タイプに分けてみた

f:id:kohokushogi:20190211183006p:plain

この記事を読んでほしい人

・ニート
・ニートに関して知りたい人

 こんにちは、ゆーたです!(@yuta_okinawa)

ニートになって、ニートの友達がめちゃくちゃ増えました。

そこで気づいたんですけど、ニートと言ってもいろいろなタイプがいるなと思います。

 

Wikipediaによるとニートの定義は以下のようになっています。 

ニート(イギリス英語: Not in Education, Employment or Training, NEET)とは、就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語である。日本では、15〜34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」と呼称している[1]。

参考:ニート - Wikipedia

 

 学術的には上記のような定義ですが、ニートになった理由別に3タイプに分けてみました。

私の考えですが、けっこう的を得てると思いますよ~笑

 

 

ニートタイプ:①働けるけど働かない型

f:id:kohokushogi:20190206213832p:plain

まず、1つ目は『働けるけど働けない型』です。

名前でだいたい分かると思いますが、定義は以下の通りです。 

【定義】
働くことができるにも関わらず、自らの意思によって働かないことを選択したニート。
働かない理由としては、「やりたいことがない」「めんどくさい」などが挙げられる。

 

 世間が思う怠惰なニート像は「働けるけど働かない型」から来ていると考えられます。

どちらかというと実家暮らしが多めで、常に金欠、ネットを駆使するなどの特徴がありそうです。

 

ニートタイプ:②働きたいけど働けない型

 次に、『働きたいけど働けない型』です。

こちらも名前である程度想像できると思います。

【定義】
働く意思があるが、集団行動が苦手だったり人間不信により働くことができないニート。
心の病気を患っていたり学校でのトラウマがある場合がある。

 

世間ではあまり認知されていないニートのタイプです。

頭では動こうとしていても、不安で行動ができないのが特徴。

 

藤子F不二雄先生の短編小説に、働きたいけど働けない型ニートっぽい描写があります。

ぜひ参考にしてください!

大人になれない大人たち…藤子 不二雄Ⓐのブラック短編が鬱展開すぎる【ネタバレ感想・ラスト】 - ハリネズミの幸せ

 

ニートタイプ:③働いてたけど嫌になった型 

f:id:kohokushogi:20190213235950j:plain

最後に、『働いてたけど嫌になった型』です。

 【定義】
就職して働いていたが、職場のパワハラやトラブルで働けなくなったニート。
次に働くための準備期間とも言える。

 

貯金や失業保険を使い生計を立てており、親から自立しているのが特徴。

働くこと自体は苦に感じていないため、仕事を探している状況。

 

 まとめ

 いかがでしたか?

Twitterやテレビなどのニート像をまとめてみました。

もちろん傾向なので、個々人によって環境やニートになった理由は違います。

 

 占いぐらいに考えていただければと!

それでは!