大学中退ブログ

社会不適合でもいいじゃない(∩´∀`)∩

【実体験】パチンコはまじで辞めとけ!

f:id:kohokushogi:20181111001722p:plain

 

この記事を読んでほしい人

・パチンコ、パチスロが好きな人
・フリーター、学生
・負けず嫌いな人

 

こんにちは、ゆーたです!

すでに言い尽くされていることですが、パチンコはマジで辞めましょう!

 

ほとんどの人はバカらしくて、パチンコには手を出さないと思います。
しかし、一定数ドはまりしてしまう方がいるのが現実です。


短い目で見たら、パチンコはスリルがあり、気分転換にも最適ですが、長い目で見ると良いことは1つもありません。

 

私はこれまで3万円を失ったので、その腹いせにその実体験をもとにパチンコを辞めた方がいい理由を解説します。

 

 
1.パチンコで3万円失った実体験

私はこれまでにパチンコで3万円失いました。
パチンコ失敗談の中では、前座にもなりませんが、フリーターにとっての3万円は超大切です。


そもそもパチンコを始める最初のきっかけは、大学時代の友人に誘われたことです。 

ポイント

パチンコはダメ絶対!
もし最初で、大当たりを経験するとドはまりする可能性が高まります。

 


パチンコでお金儲けなんて1mmも考えていなかったですが、社会勉強のためと考え行ってみることにしました。
もともとパチンコは嫌いでしたが、やった事ないのに悪口いうのもあれだなと思い経験してみることに。

行った場所は大阪にある、大型店舗でした。

私の友人は常連で収支記録を付けているほどのガチ勢です。

 

友人と合流して1玉=1円のパチンコ(通称1パチ)を行いました。

 

座って1000円札を入れて、いざ出陣。
ハンドルを回して玉が次々に出るのを見守ります。

 

1時間後、4000円を失っていましたw

まさに瞬殺。

当時、コンビニ夜勤で働いていましたが、約4時間分の時給が持って行かれましたね。

 

4000円あったら、居酒屋に行って豪遊できるのに...

 

その帰りに、マックで「今日はダメだったねみたいな話をしていました」

そして友人が収支記録を付けていたので見せてもらうことに。

 

彼は経験豊富ですが、負ける日は3万とか5万とか負けていました。

そうです。パチンコ界での-4000円はあいさつ程度だったのです。

 

ポイント

パチンコをやっていると金銭感覚が狂います。
4000円は大金です。

 

友人の収支記録を見ながら、「やはり、パチンコは行けばいくほど、損するしゴミだな」と思った瞬間...。 

 

「+160000円」という光景が目に入ってきました。

 

そう、友人が大当たりだった日の記録です。

 

ふぁ!?こんなプラスの日あるんだ!これを一発当てれば大儲けやん!

 

と我を失っていました。

自分のことながら、典型的なギャンブルにはまるアホですね笑

 

もともと、私はギャンブルが大好きなのと、友人もやり足りていなかったみたいで、第2ラウンドに突入しました。

 

ポイント

負けを取り戻そうとするのは絶対にNGです
通常の判断ができなくなり、だいたい負けます。

 

私は負けたら燃えるタイプなので、やられたら倍返しにしたくなります。
なので、友人に教えてもらった禁断のパチンコをすることに。

 

その名は”1玉=4円パチンコ(通称4パチ)!

 

 先程、打ったパチンコは1玉=1円だったので、単純に4倍するパチンコです。

 

 さらに背水の陣(?)で1万円札を投入!

 

勝負は1時間ほどで決着が付きました。

 

 

 

 

 

 

 

完敗!!

圧倒的完敗ぃぃいい! 

 

 そんなこんなで、2時間ほどで14000円負けてましたw

先日もパチンコに行ってきて16000円ほど負けましたが、以下同文なので割愛させて頂きますww

 

そんなこんなで今までに3万円負けました...

(3万あったら、1ヶ月過ごせたのに)

 

2.やらない方がいい理由が多すぎる

パチンコをやらない方がいい理由はたくさんありますよね。

小学生でも分かります。

 

【パチンコをやらない方がいい理由】

・普通に考えて儲からない仕組みになっている

・時間のムダ

・音や光が体に良くない

・金銭感覚が狂う

 

などなどたくさんありますが、「儲からない仕組みになっている」が一番大きな理由だと私は考えています。

負けた人のお金がテレビのCMや人件費になっていると考えたら、ゾっとしないですか?

 

【負けたお金の行方】

・パチンコ会社の役員報酬

・正社員の給料、ボーナス

・バイトの時給

・全国放映されるCM

・土地代、建物代

・パチンコ台の製作料

・電気代、水道代、備品

 などなど!

 

これらのお金が全部負けた人のお金で成り立ってるって考えると、絶対に儲けることができないと分かります。

 

f:id:kohokushogi:20181027095827p:plain

パチンコ業界の人「フッフッフ、情弱らめが。」 

 

3.パチンコ予防策

たしかに、パチンコにハマる人の気持ちも分かりました。
光や音の演出で日常では味わえないスリルを感じることができるのです。

パチンコを終えても、目をつむるとフラッシュバックしてくるような、刺激と快感があります。

 

私も沖縄の離島に来てからもパチンコに手を出しています。
結局負けたのですが、負けると分かっていても、やりたくなるような依存性がパチンコにはあります。

予防策としては、他に熱中できることや刺激を受けることができるものを探すことだと思います。
仲間内での麻雀や映画鑑賞、スポーツ観戦など刺激がある物は他にもあります。

パチンコ 予防策の第一歩として、パチンコの仕組みを冷静に考えてみる、他に熱中できるものを探すことが有効策です。

 

まとめ

私はパチンコを低所得者のお金を搾取するビジネスだと思っています。
例えば、年収600万円の人からしたら、リスクをしょって5万や10万円当たるようなパチンコをするより、株や自己投資に回した方が有意義なお金の使い方になります。
高所得者はパチンコなんて手を出さないんですよね。

 

しかし、低所得者にしてみれば、5万や10万は大金です。

そのため、低所得者だけがハマりやすい構造になっています。

 

大学生やフリーターや主婦など今でも多くの人が、パチンコに時間とお金を費やしています。おそらく個人の力だけではパチンコ業界が施策する罠に対抗する事はできません。

 

みんなで、声を大にしていいましょう!

 

「パチンコはダメ!絶対!」

ããã¡ãã®ãã¼ãºããã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼